クレジットカードの「アコムACマスターカード」審査

アコムACマスターカード(クレジットカード)とキャッシング審査のコツだけでなく口コミ・評判やショッピング限度額、審査時間、即日発行といった特徴を紹介しています。

セゾンファンデックス「ローン百選」 アコムACマスターカードの口コミ・評判による審査について

ACマスターカードは、バイト・派遣・パートの方が発行OKのクレカ。アコムACマスターカードの審査は最短30分で,即日発行も可!年10.0%〜14.6%と低金利。MAX500万円まで借入可能。


アコムACマスターカード(クレジットカード)とキャッシング審査のコツだけでなく口コミ・評判やショッピング限度額、審査時間、即日発行といった特徴を紹介しています。

アコムACマスターカード・キャッシングの審査に通るための3ステップを解説。

アコムの審査CHECK 確実に返済延滞しないようにするのが大事

アコムの審査CHECK 連続で2〜3社以上のクレジット業者に申し込んで信用情報が汚れるのを防ぐ申込み方

アコムの審査CHECK クレカ、たかが申込み書、と侮ると痛い目を見ます!

アコムの審査CHECK アコムACマスターカードとカードローンのスペック一覧

アコムの審査CHECK アコム(株)の会社概要

 

確実に返済延滞しないようにするのが大事

アコムローンカード&ACマスターカード いざ審査を受けようとする人の中には、以前別のACマスターカード会社からお金を借りていた、もしくは今も借りている、という人もいるかもしれません。

以前や現在の分の支払いを、延滞してしまったことはありませんか?
万が一返済に遅れてしまっていたのなら、確実に審査に影響します。

ACマスターカードの申込を行うと、「この人はお金を貸しても大丈夫なのか?」ということを調べるために信用情報を信販会社は確認します。
信用情報の請求は各会社がそれぞれ作成して保持しているものではなく、金融業界全体で情報共有されている情報になります。

もしも、別の信販会社で延滞を起こした場合は、どうなってしまうのか?気になるところです
返済の期日をうっかり忘れていた、口座からの引き落としにしていたが、銀行口座のお金が不足していた、といったいろいろな要因があるのでしょうが、信販会社にとって延滞の事実は違いありません。
速攻で対処して支払ったのであれば、ACマスターカード会社側だけに延滞の記録が記されるだけで。

ですが、およそ2ヵ月以上利息分すら払わないで放置すると、信用情報に「この方はお金を返してくれなかった」という事故に関する情報が載ってしまうのです。
これが巷で言う「ブラックリスト」入りです。

この事故に関する情報は、遅れてしまった分を全て支払い終わってから最大5年の期間がなければ抹消ない情報です。
なので、期間中は他の信販会社の利用申請はほとんどが却下されると言って間違いないかと思います。

一度でも信用情報を汚してしまうと、不便なことばかりです。
なので、延滞はなにがなんでもしないことが大事ですね。

 

 

連続で2〜3社以上のクレジット業者に申し込んで信用情報が汚れるのを防ぐ申込み方

 「どうしてもキャッシングをしたい!」
という人は、2〜3週間にいくつものクレジットカード会社に一定の感覚で申し込む方がかなりいらっしゃいます。

 しかし、この数週間という間にいくつものクレジットカード会社申し込み方法は、この記事で学んだら|二度と行ってはいけない申込み方です。

 それは、クレジット業者は申込者のあなた自身の個人信用情報(クレジットヒストリーとも言う)を参照して審査をかけるからです。

 その信用情報は信販会社内で同じ情報を共有して使われていて、何時に何処で会社に申込したのか、といった情報も残っているのです。

 ACマスターカードが審査をする時あなたの信用情報を請求して、自社の前にいくつも他社に申し込んでいた情報を知ったら、アコムACマスターカード側はどう判断すると思いますか?
「この人はいくつもの会社に申し込むほどキャッシングしたくて、他に断られた信用情報の人なんだな。」
という印象を与えてしまうので、審査段階で断わられる可能性が大きく高くなってしまいます。

 とはいうものの、近年はウェブから申し込めるクレジット業者も多くなってきています。
インターネットを上手に利用すれば、2〜3社以上申し込んでも審査落ちしないようにできます。

 何と、「同じ日に2〜3社の申込をする」という方法です。
どうして3社までなのかと言えば、クレジットカード会社で審査のシステムは変わるものの、平均すると「個人信用情報に残っている申込履歴が情報請求した時点で1〜2社ぐらいの場合、大きく審査には響かない」と言われていることに起因します。

 信用情報をクレジット業者が照会した段階で「90日以内に他社に申込みをした」という事実がわからない、{また「1〜2社しか同時に申し込んでいない」、と思わせてしまえばその点で審査に悪影響は出ないのです。

 ですから、「何が何でも借入れをしたい!」という方は、「アコムカードローン・ACマスターカード・プロミスカードローン」、というような商品で同じ日に申し込むのも良いでしょう。
また、個人信用情報に書かれるあなたの申込の記録は3ヵ月しか保存されません。

 なので、何回かに分けて申し込みたい場合、は3ヵ月後に申し込むことをお勧めしています。

 

 

クレカ、たかが申込み書、と侮ると痛い目を見ます!

 最近ではネットや携帯・スマートフォンからの申込みが随分行いやすくなりました。
手軽に申込みが行えるからこそ、気をつけてほしいことがあります。それは、記入項目の記入漏れや誤字脱字です。

 むろん記入の後に{きちっと|しっかりと確認をするのは鉄則ですが、それでもパソコンやスマートフォンで見るのと、実際に手書きで書いた申込み用紙を確認するでは、圧倒的に前者のほうが間違いを見つけにくいのです。
そのため、電話番号が間違っていたり、住所が1文字抜けている、といった間違いをそのままにして申込みを行ってしまう危険性があります。

 嘘をつくつもりは全くなかったのに、電話番号が間違っていたせいでキャッシングが使えなくなってしまった……となってしまってはどうしようもありません。
よって、申込みをする時には埋めた審査項目を全て見直して、誤字脱字がないように心がけてください。

 また、与えられた項目に空欄が多いことも審査に影響するのです。
キャッシング業者は、申込み書と信用情報を基に審査を行いますが、裏を返せば2つだけの情報しか与えられていない状態で審査を行わなければなりません。

 ですので、申込み書に記入された項目が少ないと、『信頼できるほどの情報がない』となり正確な評価が出来ず、結果的に審査を通すことができないのです。

 今まで述べた二つのことには、大きな減点となるもう一つの危険性があります。それは『ルーズな人なのではないか?』とカードローン業者と思われてしまうことです。
あまりに誤字脱字ばかりだと、申込み書のチェックすらもしないルーズな性格である、と見られてしまい、『お金を貸しても返ってこないのではないか?』と信頼してもらえないのです。

 『申込み書の確認』という最低限のことがしっかりできているからこそ、『{この人にはても大丈夫|お金を貸しても返ってくるだろう|お金を貸』と思ってもらい、カードローンを使用することができるのです。
ですから、『申込みなんて適当でも大丈夫だろう』と侮って、雑に行わないようにしましょう。

 

 

アコムACマスターカードとカードローンのスペック一覧

アコムローンカード&ACマスターカード●商品名
『アコムカードローン』(キャッシング)
『アコムACマスターカード』(ショッピング)

●登録番号
関東財務局長(11)第00022号
日本貸金業協会会員 第000002号

●申込みできる対象者
契約する際の年齢 満20歳以上〜満65歳未満で、毎月安定的に継続した収入のある返済能力がある方
 ※学生や主婦バイトやパート等で毎月安定した定期収入が見込める方は利用できます。

●利用する借り入れ限度額
◎キャッシング
1万円〜500万円

◎ショッピング
1万円〜300万円


●貸付利率
◎キャッシング
@1万円〜30万円
A30万円超〜100万円未満
年4.70%〜18.00%

B100万円〜500万円
年4.70%〜15.00%

 ※借入年率は変動金利です。適用金利は金融情勢等で変動します。

◎ショッピング
年10.0%〜14.6%


●賠償額の元本に対する割合(遅延損害金)
年20.00%


●返済額

借入限度額の2.0%〜4.2%以上


●返済方式
定率リボルビング方式
 ※キャッシングがあった時の借入残高に応じて、決まった金額を返済する方式。

●返済期日
35日以内または毎月払い


●返済期間と返済回数

最後の借入日から
最長6年9ヵ月と80回まで


●担保・連帯保証人
担保・連帯保証人どちらも要りません。


●所定紛争解決機関
日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター


●主な返済例
実質金利18%で10万円をキャッシングして、30日周期ごとに1万円ずつ返済する時

 


回数 返済金 元金 利息
1 10,000円 8,521円 1,479円
2 10,000円 8,647円 1,353円
3 10,000円 8,775円 1,225円
4 10,000円 8,905円 1,095円
5 10,000円 9,037円 963円
6 10,000円 9,170円 830円
7 10,000円 9,306円 694円
8 10,000円 9,444円 556円
9 10,000円 9,583円 417円
10 10,000円 9,725円 275円
11 9,018円 8,887円 131円

 

アコムカードローン&ACマスターカードTOP

 

 

アコム株式会社の概要

平成26年4月1日現在

商号 アコム株式会社(ACOM CO., LTD.)
主な事業内容 ローン事業・包括信用購入あっせん事業(クレジットカード事業)・信用保証事業
本社所在地 東京都千代田区丸の内二丁目1番1号 明治安田生命ビル
03-5533-0811(代表)
創業年月日 昭和11年(1936年)4月2日
設立年月日 昭和53年(1978年)10月23日
資本金 638億3,252万円
決算期 3月31日(年1回)
従業員数 1,748名(平成26年3月31日現在)
貸金業者登録番号 関東財務局長(11)第00022号
包括信用購入あっせん業者登録番号 関東(包)第5号
加盟団体 日本貸金業協会
社団法人 日本クレジット協会
社団法人 日本経済団体連合会
主要取引金融機関 三菱UFJ信託銀行株式会社
普通株式 発行可能株式総数  5,321,974,000株(平成26年3月31日現在)
発行済株式総数    1,596,282,800株(平成26年3月31日現在)
株主数 12,784名(平成26年3月31日現在)
上場証券取引所 東京証券取引所(市場第一部)
株主名簿管理人 三菱UFJ信託銀行株式会社
株主総会 6月
会計監査人 有限責任監査法人トーマツ
アコム株式会社の親会社の概要
商号 株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ
主な事業内容 傘下子会社およびグループの経営管理、ならびにそれに付帯する業務
所在地 東京都千代田区丸の内二丁目7番1号
設立 平成13年(2001年)4月2日
資本金 2兆1,404億円(平成26年3月31日現在)
URL http://www.mufg.jp/